福島県のおすめお土産の記事一覧

会津は、福島県内の中でも他の地域と比較しても酒造会社が多く酒どころとしても有名です。

ちなみに会津の酒造会社はこれだけあります。

会津の酒造会社一覧
榮川酒造
名倉山酒造
高橋庄作酒造店
花春酒造
廣木酒造
宮泉銘醸
末廣酒造
鶴の江酒造 「福島県のお土産  さくら八重 にごり酒」の続きを読む »

福島県のおすめお土産

八重の桜ロケ地巡礼や会津若松市の観光の際におすすめのおみやげをご紹介していきます!

会津の民芸品として赤べこにならび有名なのが

会津漆器

会津漆器は国の伝統工芸に指定されていて、会津藩主蒲生氏郷の取り組みにより産業振興策としてはじまり、津軽塗や輪島塗よりも早くから取り組まれていました! 「八重の桜 おすすめお土産 会津漆器」の続きを読む »

福島県のおすめお土産

八重の桜ロケ地巡礼や会津若松市の観光の際におすすめのおみやげをご紹介していきます! 今回は、会津の象徴でもあるあかべこあかべぇです。

まず、あかべこ由来・起源と構造は下記の通りです。

あかべこの構造
もともとは張子人形であり、体色の赤は魔避けの効果があり、斑点は痘を表しているといわれている。首と胴の接続に独特の工夫がしてあり、首の周りには余裕がとってある。頭は胴体内に差し込まれる部分と振り子のようになっており、愛嬌のある顔に触れると上下に左右に振り子運動を繰り返しユーモラスな動作がしばらく続くようになっている。

 

あかべこの起源と伝説
807年(大同2年)、柳津町の円蔵寺には徳一大師が円蔵寺の虚空蔵堂を建立する際、上流の村から大量の材木を寄進された。しかし、水量が豊富な只見川から材木を運搬することは決して簡単ではない仕事だった。 人々が材木を運ぶのに難儀しているとどこからか牛の群れが現れ、材木の運搬を手伝ってくれた。重労働で多くの牛が倒れる中で最後まで働いたのが赤色の牛だったといわれている。そのことから、赤べこが作られた。 

実際のあかべこ動きはこんな感じです。 「会津若松観光のおすすめお土産 あかべこ&あかべぇ」の続きを読む »

福島県のおすめお土産

 

今回の、NHK大河ドラマ八重の桜の視聴率は多くの方が注目しているようなのですが・・・
そんな中で、もう一つ今回の大河ドラマが注目されているという証拠が番組宣伝用のポスターの人気ではないでしょうか?

ちなみに、八重の桜番組宣伝用ポスターはこちらです。 「八重の桜宣伝用ポスターが高値更新中!格安&激安でポスターが欲しい方は必見です。」の続きを読む »

福島県のおすめお土産

綾瀬はるさんが『八重の桜』の中で着ていた着物は?

会津木綿

と言われるものです。

会津木綿の歴史は古く、400年ほど前(戦国時代)に会津地方(現在の福島県)の領主だった蒲生氏郷が地域の産業育成のために、綿花の栽培を奨励したのが始まりです。
出来た綿花を加工し木綿を織らせる事で農民はもちろんですが、会津藩士達の妻子の内職として生産されてきました。 「綾瀬はるさんが『八重の桜』の中で着ていた着物は?」の続きを読む »

福島県のおすめお土産

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes