着物の記事一覧

綾瀬はるさんが『八重の桜』の中で着ていた着物は?

会津木綿

と言われるものです。

会津木綿の歴史は古く、400年ほど前(戦国時代)に会津地方(現在の福島県)の領主だった蒲生氏郷が地域の産業育成のために、綿花の栽培を奨励したのが始まりです。
出来た綿花を加工し木綿を織らせる事で農民はもちろんですが、会津藩士達の妻子の内職として生産されてきました。 「綾瀬はるさんが『八重の桜』の中で着ていた着物は?」の続きを読む »

福島県のおすめお土産

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes