八重の桜ロケ地めぐりと&観光スポットめぐりと一緒に観たいイベントのご案内です。

只見雪まつり

只見雪まつりの日程

・2月9日
・2月10日

2013年の只見雪まつりのゲストのご紹介

・2月9日 やしろ亜希さん
・2月10日 はんにゃさん

只見雪まつりの会場
福島県只見町 JR只見駅前広場

冒頭で、八重の桜ロケ地巡り&観光スポットめぐりと一緒に楽しみたいイベントのご案内とかきましたが・・・
実は、只見町は福島県内ではありますが限りなく新潟寄りです。
直線距離でも会津若松市より新潟県の長岡市の方が近いぐらいです。

そのため、移動(アクセス)自体に時間がかかるのと雪のため到着するため時間がかかるため八重の桜ロケ地めぐり&観光スポットと合わせて楽しむのは日程・スケジュール的に厳しいかもしれません。

↑これは只見雪まつりに限った事ではなく、雪まつりが開催される所はほとんどが豪雪地帯のため移動(アクセス)に時間がかかるのは避けられない事です。

ちなみに、今年は252号線(新潟県から只見に向かう唯一の道路)が前面通行止めになっていますので新潟方面から、只見雪まつりに参加される場合はクルマ以外の交通手段がおすすめです。

福島県内から只見雪まつりに向かう場合でも、4輪駆動車以外はあまりおすすめしません。

只見雪まつりのご紹介のはずなのにこれだけ交通の便の悪さを書くのか、
それは・・・・

困難な道のりを超えて見た只見雪まつりだからこそ感動する!

とお伝えしたかったわけです。
富士山の山頂で見た夕日に感動するように、寒く険しい道程を乗り越えていくからこそ只見雪まつりの感動も倍増すると思います。

しかしながら、途中で立ち往生すると大変なので電車での移動がおすすめです。
電車も1日片道2本しか走っていません。

電車&クルマでの只見雪まつりのアクセスはこちらをご覧下さい
只見雪まつりへのアクセス

そのため、9日・10日にかけて宿泊するのがおすすめです。

ちなみに、只見雪まつり会場の只見駅前から一番近い宿はこちらです。

 ここ以外だと、1km弱はなれているこちらの宿のみになります。

 上記2件の宿以外は、只見雪まつりの会場から3キロ以上離れているため、雪まつりの後に泊まるにはタクシー等の交通手段を使うしかありません。