八重の桜 第8話「ままならぬ思い」の感想です。

今回から、新撰組も登場し幕末に突入といった感じです。
八重の桜第8話では、新撰組ではなく壬生浪士隊と呼ばれていました。

前回の八重の桜第7話に引き続き、孝明天皇役の市川染五郎さんと松平容保(まつだいらかたもり)公役の綾野剛(あやのごう)さんの熱演にが光っていたと思います。

特に、欺勅(天皇の命令を偽ったもの)によって、松平容保(まつだいらかたもり)が京都から帰参する準備をしていた時に、孝明天皇が自ら会津藩をたよりにしている旨の勅書を送った時の、松平容保(まつだいらかたもり)が涙目になりながらの感極まった演技は見ていてもらい泣しそうになる程でした。

会津は朝敵にあらずというのが伝わってくる内容でした。

 

その後に、西田敏行さん演じる西郷頼母(さいごうたのも)が京都守護職を辞めるように進言されて蟄居(江戸時代の武士の罰で自宅謹慎処分)を命じられたのも、今回の八重の桜第8話「ままならぬ思い」を見ると当然のように感じてしまします・・・

その一方で、松平容保(まつだいらかたもり)の視点にたった形で描かれている印象をどうしても受けてしまいます。
この時に、会津藩では京都守護職に伴う費用負担などで領民にかなり負担がかかっていたようです。
(大河ドラマ八重の桜では、おそらく描かれないと思いますが・・・・)

それを、西郷頼母(さいごうたのも)は直に見ていたからこそのわざわざ諌言にいったんだと思います。
もちろん、それは松平容保(まつだいらかたもり)もある程度把握はしていたと思うのですが、孝明天皇の信頼に応えたいという思いが勝ったんだと思います。

結局、西郷頼母も松平容保もお互いに経験した事が違ったいたからこそ道を違える結果になった・・

西田敏行と綾野剛さんの演技からそんな感想を持ちました。
八重の桜では、綾野剛さん演じる松平容保(まつだいらかたもり)公の演技が毎回楽しみになっています!!
いずれは、大河ドラマの主役を綾野剛さんが演じる日が来るかもしれないなと思った第8話の感想でした。