2013年の大河ドラマ八重の桜で玉山鉄二さんの配役が決定!
キャスティングは以下のようになっています。

山川大蔵(やまかわおおくら)役
キャスト:玉山鉄二(たまやまてつじ)さん

※この記事は一部ネタバレと八重の桜のあらすじを含みます。

今回や玉山鉄二さんが演じる山川大蔵は幼名で、後に山川浩(やまかわひろし)と名乗ります。
会津戦争の敗戦後の会津藩士達を率い、斗南藩設立に尽力した人物ですがその後に紆余曲折あり明治政府の陸軍に仕官し西南戦争で活躍します。

リーダーシップや統率力がある所を演じていく必要があるので、玉山鉄二さんはぴったりの配役かもしれません。

また、八重の桜の中でも見せ場がしっかり用意されています。
玉山鉄二さん演じる山川大蔵は、会津戦争勃発時鶴ヶ城に入場するのが遅れたのですが会津の伝統芸能の彼岸獅子を舞わせながら入場するといったエピソードが用意されており、玉山鉄二さんのファンも必見だと思います。
↑あくまで予想です、実際に八重の桜で放送されるかどうかはわからないですが面白いエピソードなので描かないはずはないと思っています。

ちなみに、自分が玉山鉄二さんの代表作だと個人的に思っているのはNHKドラマ&映画ハゲタカです。

ハゲタカの予告編です。
この中で、玉山鉄二さんが演じるのは中国政府のバックアップを受け、
アカマ自動車の買収に挑んできた残留日本人孤児三世の劉を演じています。

主役二人の敵役(かたきやく)としてクールでシリアスな役を熱演しています。
八重の桜の中でも会津戦争での玉山鉄二さん演じる山川大蔵の演技に期待しています。

ハゲタカでの劉役では残留日本人孤児三世としてハングリーな一面とそれをバネにのし上がって行く姿を見せてくれましたが、今回も会津戦争後に訪れすであろう山川大蔵の受難の日々と長州藩・薩摩藩への恨みをバネに生きていく姿が似ているかもしれません。
どんな風に玉山鉄二さんが演じるのか今から楽しみです。
八重の桜では描かれない可能性もありますが・・・

 

宅配レンタルもおすすめです! 
TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!