2013年の大河ドラマ八重の桜で降谷建志さんの配役が決定!
キャスティングは以下のようになっています。

齋藤一(さいとうはじめ)役
キャスト:降谷建志(ふるやけんじ)さん

※この記事は一部ネタバレと八重の桜のあらすじを含みます。

今回や降谷建志さんが演じる齋藤一は新撰組三番隊隊長として京都で活躍したあと、会津戦争でも参戦し鶴ヶ城陥落後も会津藩士達と一緒に戦い続けた人物です。
八重の桜の中に登場する人物の中では数少ない天寿を全うした人物で、享年72歳。

齋藤一役を演じる降谷建志さんは、バンド「Dragon Ash」でミュージシャンとしての活躍有名ですが、俳優としての出演作は少なく以下の三作品のみです。

■ゲレンデがとけるほど恋したい。

■手紙

■けものがれ、俺らの猿と

どの作品もまだ見ていないので、大河ドラマ八重の桜での降谷建志さん演じる齋藤一の演技が楽しみです。
今回、大河ドラマは初挑戦でもあり時代劇での演技も初めてなので役作りが大変そうです。

ちょうど、レンタルDVDでるろうに剣心のレンタルが開始していますが・・
こちらは、江口洋介さんが齋藤一を熱演しています。かなりハマり役でした!
八重の桜のキャスト発表では、江口洋介さんは登場しませんでしたが・・・後半にサプライズ登場があっても面白いと思います!!

また、NKH大河ドラマ新撰組ではオダギリジョーさんが演じておりベテラン俳優さんが様々な作品で演じているため、他の作品との比較も面白いかもしれません。
それだけに、ある意味プレッシャーも大きい役柄と言えるかもしれません・・・・

ちなみに、鶴ヶ城の紙芝居の弁士さんも齋藤一に関するエピソードを紙芝居前に話してくれまし、鶴ヶ城の中の展示物にも会津戦争で活躍した齋藤一の姿が描かれているので会津藩にゆかりの深い人物だというのが伺いしれます。

齋藤一の奥さんは、序盤から登場する高木時尾(演:貫地谷しほり)ですので、大河ドラマの八重の桜では意外と登場シーンが多いのでは?と期待しています。
特に、会津戦争での活躍する姿はぜひ描いて欲しいと所です!!。