2013年の大河ドラマ八重の桜で中村獅童さんの配役が決定!
キャスティングは以下のようになっています。

佐川官兵衛(さがわかんべえ)役
キャスト:中村獅童(なかむらしどう)さん

※この記事は一部ネタバレと八重の桜のあらすじを含みます。

今回、中村獅童さん演じる佐川官兵衛は性格は勇猛果敢、武勇に秀でていて人情にも厚かったと言われています。特に、会津戦争時は松平容保が白旗をあげ降参した後も会津の各地で転戦を繰り広げゲリラ戦で新政府軍に戦いを挑み続けた人です。
ゲリラ戦が続けられたのも、彼の人望のなせる技だったのかもしれません。
鶴ヶ城が陥落して松平公が降参しても戦い続けられたのは彼の人望によるところが大きいと思います。

勇猛果敢さが際立ちますが・・・・
先日、読んだ偽りの明治維新では会津藩の敗因の一つに佐川官兵衛の判断ミスにより籠城する準備が十分出来ないまま鶴ヶ城での籠城戦が始まったため武器・弾薬・兵糧が尽きるのが早かったとされており、自責の念かられた佐川勘兵衛は、抵抗を止める事が出来なかったのかもしれません。

演じる中村獅童さんも様々な作品で武将役で登場しており、ぴったりの配役だと思います。
個人的に、中村さんの代表作だと思っているのがレッド・クリフで演じた甘寧役!

レッド・クリフでは甘寧の壮絶な戦死シーンがありましたが、今回もどのような猛将ぶりを見せてくれるのか楽しみです。

会津戦争以後は新島八重にスポットがあたると思うので戦死シーンは見れないかもしれないですが、鳥羽・伏見の先頭で傘をさしながら退却したシーンや会津戦争での指揮ぶりが見せ場になると思います。

中村獅童さんは、過去のNHK大河ドラマでも多くの作品に出演しており、猛将を演じる事が多いです。
・・・しかも壮絶な戦死をするケースも多い。

中村獅童さんの演じた大河ドラマの配役は以下の通ります。
春日局(1989年) – 稲葉正定 役
毛利元就(1997年) – 尼子義久 役
武蔵 MUSASHI(2003年) – 徳川秀忠 役
新選組!(2004年) – 滝本捨助 役
八重の桜(2013年) – 佐川官兵衛 役

大河ドラマには欠かせない、名脇役といえるかもしれません。

レッド・クリフはこちらを御覧ください。