2013年の大河ドラマ八重の桜で齋藤工さんがの配役が決定!
キャスティングは以下のようになっています。

神保修理(じんぼしゅり)役
キャスト:斎藤工(さいとうたくみ)さん

※この記事は一部ネタバレと八重の桜のあらすじを含みます。

今回、斎藤工(さいとうたくみ)さん演じる神保修理(じんぼしゅり)ですが、主人公の山本八重(新島八重)との関わりはあまりなのですが、幕末の会津藩で活躍した人物で冷静に状況が見れていたからこそ責任の取らされるそんな役どころです。・・・

神保修理は会津藩家老・神保内蔵助の長男として生まれ。幼いころから容姿端麗で、学問に優た秀才として日新館でも評判だったようです。
会津藩が、京都守護職に任じられた際に坂本龍馬や伊藤博文との交流も多かったのですが、これは日本国内にとどまらず、外国の世情にも広く目を向けていたために坂本龍馬たちと価値観を共有出来たのだと思います。

鳥羽・伏見の戦いにおいて、形勢が不利になった際に不戦恭順を進言し、
その後に総大将徳川慶喜と松平容保が逃亡したため、敗戦と総大将逃亡の責任を取らされて切腹に追い込まれた人物です。
その際に、坂本龍馬たち維新志士と呼ばれる人たちとの交流があった事が裏ぎり者の疑念を持たれたの原因の一つになっているようです。

ここにも、会津藩の保守的な体制が現れていたのかもしれません。
しかし、戦国時代では真田昌幸が兄の信之と弟の幸村を敢えて別々の陣営に参戦させたという逸話がある通り、身内でも敵味方に分かれるなどあたりまえだった事を考えると、会津藩の愚直なまでの徳川家に対する忠義を感じます。

演じる、齋藤工さんですが様々な作品に出演しておりシリアスな演技からユーモラスな演技まで幅広く演じる俳優さんです。
代表作といえるかどうかは分かりますせんが、ボーイズ・オン・ザ・ランでの青山役(主人公のライバル役)が印象に残っています。

女性にもてて、仕事も出来、ケンカも強いのですが最後は病気で闘病生活にくるしむのですが、病気になった後も強がっている所がよく伝わってくる演技でした。
今回の役柄も、前半は順調なのですが後半で待つ悲惨な結末が共通しています。